カラーハンティング展見てきた

colorhunting

海、空、星、植物……。自然界には、無限の色が存在します。その一方で、人間がつくりあげたもの—-大量生産品からコンピュータの画面上に展開するバーチャルなイメージまで、それらの色の多くは既成の色見本や色彩理論をもとに作られています。私たちの生活は膨大な数の色のバリエーションで、自然の中の色彩体系とは別世界のようです。
本展ディレクターの藤原 大は、自らのデザインリサーチのなかから「カラーハンティング」というデザイン手法を生み出しました。自然や都市に存在する現実の色を、自ら水彩絵具を調合してその場で紙片に写し取っていく行為は、文字通り色の採取(カラーハンティング)です。そうして採取した、色からはじめるデザインは、ものづくりのプロセスに関わる人々や使い手に色の意味や物語を伝え、豊かな色彩環境を広げることでしょう。


発想が面白くて見応えがありました。

sand

sky diary 365days

word-color image

タイトル:企画展 藤原 大ディレクション「カラーハンティング展 色からはじめるデザイン」
会期:2013年6月21日(金) – 10月6日(日)
休館日:火曜日
開館時間:11:00 – 20:00(入場は19:30まで)
入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
*15名以上は各料金から200円割引
*障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料
その他各種割引についてはご利用案内をご覧ください
→詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>